発生する仕組み

カップル

過払い金とは、お金を消費者金融や事業者金融、信販会社、クレジットカード会社、商工ローンなどから借りていた方で、利息制限法という法律で定められた金利以上で融資を受けていた際に、本来支払う必要のない超過利息のことをいいます。そして過払い金請求とは、お金を借りていた人が違法な金利で支払っていた利息を現金で返してもらったり、現在取引中のひとは現在ある借金から過払い金の分を差し引いて減額してもらう手続きになります。特に長期間にわたって限度額内で借りたり返したりを繰り返していた人となると、過払い金返還請求手続きをすることで、現在の借金をもうすでに支払え終えてしまったいたというケースもあるのです。そのままにしていてはもったいないのです。

過払い金の返還請求期限が迫っています。貸金業が改正されて5年以上になります。過払い金は10年で時効を迎えてしまいますので、完済してから10年経過してしまうと請求できる権利を失ってしまうのです。今から10年前となると2005年です。このころは、また消費者金融の金利が29.2%に近い状態の金利で当たり前のように融資をしていた時代なのです。この時期に完済をしてまだ過払い金の請求をしていないとなると、もうそろそろ時効の経過によって請求できる権利を失ってしまいます。過払い金請求は法律事務所に依頼したからといって1日でできるものではありませんので、心当たりのあるかたは今すぐにでも請求の手手続きをすることです。